千葉県の北部に位置する手賀沼は、昭和30年代以降の都市化の影響により水質が悪化し、現在も環境基準が未達成となっています。

 

そこで手賀沼は、湖沼水質保全特別措置法に基づく指定湖沼の指定を受け、千葉県では昭和61年度以降、7期にわたる湖沼水質保全計画を策定し、総合的な水質保全対策等の推進を図っています。

 

詳しくは千葉県水質保全課湖沼浄化対策班のページをご覧ください。